祖父

整体どころ いまり

0955-23-4762

〒848-0032 佐賀県伊万里市二里町大里甲2516-1

【営業時間】10:00~19:00

ブログ

祖父

スタッフブログ

2017/07/01 祖父

おはようございます。

 

6/26の朝方に同居している私の祖父が噴門がん(胃の入り口のがん)で

93歳でこの世を去りました。

 

23日には危篤状態だったためにしばらくは私も精神的にも整体を行える

状態ではないと判断しましたので、休業に入らさせていただきました。

 

明日の初七日が終わるまでは完全休業とさせていただきますが、7/3より

現在の環境などを整理して新体制での施術環境をお伝えできればと思います。

 

また、休業中に何件もご依頼のお電話をいただきましたが、

お断りしましたことをお詫び申し上げます。

 

さて、祖父の病気が見つかってからの私が何をしていたか書かせていただきます。

私の祖父は入院して2週間で旅立ちました。93歳までは大病になったこともなく

数週間前までは自分で自転車のパンク修理をして、買い物に出かけたり、

「思い立ったら即実行」の猪のようなパワフルな爺ちゃんでした(^ω^)

 

大の病院嫌いでもあって、風邪などは自分で治すと言い張って自己治癒力の塊の

ような人で、私の気功に対する生き字引そのものでした(笑)

 

自分では東京五輪までは生きてる、こんなパワフル爺ちゃんなら100歳までは

生きるんだろうなと私自身は思っていたのですが、去年の暮あたりから体調が悪いと。

 

病院に診せるのを拒みましたが、今年初めに検査の結果、胃に癌があることを告知。

高齢のため、手術等は行わずに薬などで経過を見つつ、3週間単位で診察する治療へ。

 

このまま何もしないで時間だけが過ぎてしまって最後を迎えるよりも私は12年気功を

行ってきたわけですし、少しでも何か役に立てないものかと師匠に相談。

 

年齢も考慮して「治す」ことよりも「進行を遅らせる」とアドバイスをいただき、

それから毎朝数分ではありますが、お腹と頭から気功を送り続けて1日でも長く

生きてくれるようにと思いを込めながら、施術を行ってきました。

 

私の気功が通じたのか、爺ちゃん自身の生命力がまだまだ大丈夫と思っていたのかは

定かではありませんが、診察のたびに吐血の恐れや眼に異常があるとすぐにでも

救急搬送したがいいと言われてましたが、春先までは血圧も安定していて、本人が

噴門がんのために胃を通過するときの食べ物の拒絶以外はこれといった症状もなし。

 

5月も一緒に旅行に行けて本人は楽しかったと伝えてくれましたし、怒涛の半年間で

色々な経験することが出来ましたし、入院している間や火葬されてからも最後まで

うちの爺ちゃんはパワフルだったなと感じております( ゚Д゚)

 

気功を長年していると、不思議体験を目のあたりにすることは多くて今回も

それを何回も見れたことが私にとっての力に変わっていくのでないでしょうか?

 

火葬されて骨になった爺ちゃんの骨を拾っている時に「この辺は橈骨だよな。。。」と

職業病が出てしまったことは我ながらに反省材料ですかね(;´・ω・)

 

私にできる気功で爺ちゃんが少しでも幸せを感じて旅立ってくれたら幸せですかね。

また、どこかで爺ちゃんと会える日を楽しみにしつつ長文更新は終わります。

 

本日も皆様お元気にお過ごしください♪

 

整体どころ いまり

電話番号 0955-23-4762
佐賀県伊万里市二里町大里甲2516-1
営業時間 10:00~19:00

TOP